【KAMIMOTO 3D 開発ラボ へ ようこそ!】

『アイデアをカタチに!』をさらに一歩すすめた新しい開発スタイル『KAMIMOTO 3D開発LABO』

 

自称『プラスチックソムリエ』あいさつ

  

3D開発LABO は どんなところ?

どんな方のお役に立っていますか?



【3D開発ラボで使用するサービスのご紹介】

3Dスキャン・精密測定


3Dスキャナで高精度三次元測定、またSTL等のデータ取得・3Dデザイン化。

 

【3Dスキャン   7つのスゴ技】

 

①高精度測定画像を画像合成技術により

大型ワークの高精度計測。

 

②半日で測定データ取得。

 

③断面形状の精密計測。

 

④平面度・真円度等幾何公差計測。

 

⑤測定データと3DCADと差分比較。

 

⑥同一形状ワークの繰り返し高速計測。

 

⑦測定データ付報告書の添付資料作成。

3D樹脂流動解析・cae


3DデータからCAE(流動解析)を行い、

金型改善・製品不良防止・最適形状化。

 

【CAE(流動解析)7つのスゴ技】

 

①ヒケ・バリ等の不良箇所の予測と問題の対策案提示。

 

②ウェルド・ガス焼けの予測と防止。

 

③最適な金型ゲート位置の検討と設定。

 

④冷却不足による変形不良予測と防止。

 

⑤材料・成形条件による成形性予測。

 

⑥金型内製品の温度分布予測。

 

⑦製品の不良防止・最適形状の検討。

CFRP 3Dプリント


炭素繊維樹脂(CFRP)の3Dプリントで

金型製作前の意匠・実用性の検証化。

 

【CFRP 3D造形 7つのスゴ技】

 

①炭素繊維強化樹脂(短繊維・長繊維)の3D造形が可能。

 

②ガラス繊維強化樹脂も3D造形が可能。

 

③高強度・高精度な造形を実現。

 

④金具などのインサート造形可能。

 

⑤炭素繊維の配合比率が調整可能。

 

⑥炭素繊維部位と長繊維方向設定可能。

 

⑦STL以外の多様3Dデータの対応可能。

 


3Dスキャナの特徴について

【キーエンスVLシリーズの活用例】

CAE(樹脂流動解析)について

【SOLIDWORKS PLASTICS活用例】

炭素繊維強化 3Dプリンタについて

【MARKFORGED MARKTWO活用例】




【左上】炭素繊維強化樹脂歯車 【右上】スパナの3Dスキャン

【左下】開発ラボ風景     【右下】3Dスキャン断面形状

動画を見ている方へのメッセージと思いをどうぞ!


お問い合わせ (有)神本樹脂工業所 愛知県安城市宇頭茶屋町南裏46-3  0566-96-4110  https://www.kamimoto-pla.com/